不動産売却の際の経費に関するあれこれ

不動産売却の際の経費に関するあれこれ

相続などによって不動産を取得したものの、活用できなかったり現金などが欲しい場合、不動産売却を検討することが有ります。その際気になるのが税金がどの程度かかるかという点ですが、重要となるのが経費の存在です。どのようなものが経費になるのか知っておくと良いでしょう。

不動産売却による譲渡所得の仕組みを知る

記事のイメージ画像

不動産売却によって利益が出た場合、確定申告を行って適切な納税額の算出を行います。この際の利益は不動産売却額から取得費、経費を差し引きしたものとなりますが、申告しなかったり忘れた経費については税務署が自動で是正してくれるわけではないため、予めどのようなものが経費として計上できるかを知っておかねばなりません。また相続した不動産を譲渡した場合、様々な特別控除の対象となることがあるため、それらについても活用できるか比較検討しておくことも重要です。譲渡所得以外にも給与や年金といった所得がある場合はそれらも合わせて申告する必要がありますが、譲渡所得はそれのみで税金が計算される分離所得に該当する点についても留意しておかねばなりません。

どのようなものが不動産売却の経費となるのか

不動産所得の利益から差し引きできるものとして、取得費と経費が挙げられます。このうち取得費はその不動産を元々手に入れたときの購入価格等が該当しますが、先祖代々の土地などは売却価格の5%が取得費となります。一方で経費に該当するものは、不動産売却時の仲介手数料や印紙代、登記費用や測量費用等です。簡単に言ってしまえばその不動産を譲渡する際に支払ったものが経費として計上することができます。ただし年の途中で譲渡した際の固定資産税などは該当しません。また建物に対する修繕費や管理費なども該当しないため、誤って計上しないように注意しておかねばなりません。

万が一申告を間違えてしまったら

万が一計上してはならないものを計上してしまったり、費用の計上を忘れてしまった場合は、税務署の指示を受ける前に是正を行っておかねばなりません。その申告によって納税額が増える場合は修正申告、納税額が減ったり還付される場合は更正の請求を行うことになります。どちらの場合においてもどのような理由から改めて申告を行うのかなどの理由をしっかり書く必要があり、それぞれ提出する書面や添付する書面が違うため、自身の申告に不安がある場合は、予め税務署などに相談しておく事が重要です。ただし当初の申告を電子申告で行っており、確定申告期限内であれば改めて修正した申告書を電子申告しておけば、前に提出した申告書は破棄され新たに提出されたものが正しい申告書として取り扱われます。

まとめ

このように不動産売却を行う際に重要な存在となるのが経費ですが、どのようなものが該当するのか、また申告においてどのような点を注意すべきかといったポイントは数多く存在します。できるだけ納税額を抑えるためにも、それぞれのポイントをしっかり押さえておくことをお勧めします。

比較ページへのリンク画像