不動産売却の方法は金額重視か早さ重視か

不動産売却の方法は金額重視か早さ重視か

不動産を持っていて不動産売却をするとき、方法としては金額重視か早さ重視かがあります。金額を重視するなら仲介してもらって希望額で買ってくれる人を探してもらいます。早さなら、業者に直接売却すれば即時もできます。

インターネットなら全国の相場をチェック可能

今住んでいる不動産を売却するとき、地元の業者に行けば相談に乗ってもらえます。しかし、自宅とは異なるところにある不動産となると、地元の業者では対応してくれない可能性があります。不動産のある現地の業者などに相談をする必要があります。不動産売却の方法では、相場をチェックする必要があります。その時はインターネットの価格情報を確認してみると良いかもしれません。ネットであれば、住所を入力すればその地域の情報を見ることができます。地域によっては見つけにくいこともあるので注意が必要ですが、大体の相場がわかります。売却価格を決定するのに役立ちます。

仲介であれば希望の価格で売却できる

親から相続を受けた不動産の場合、使いやすい不動産ならそのまま保有することもあります。自分たちが住むために使ったり、人に貸したりすればよいでしょう。しかし、今住んでいるところから離れていると、使いづらいです。賃貸するにしても、管理が大変になります。そこで不動産売却を検討します。時間をあまり気にしない方法としては、業者に仲介してもらうのが良いでしょう。希望価格を提示しておき、希望価格で購入したい相手を見つけてもらいます。媒介契約により時間が変わるかの制があります。専属専任媒介契約であれば、早く売却先が見つかる可能性があります。

価格よりもスピードを求める場合

子育てをしていると、教育費用が必要になります。事前に準備をしておきますが、2人いるとなるとそれなりにかかります。お金ができれば、私立などにも行かせることができます。親から引き継いだ不動産があるが、現在使っていないのであれば、不動産売却をすることでお金を作ることができます。早くお金を作るのであれば、業者に買取してもらう方法があります。買いたい人を見つけてもらうのではなく、業者に買ってもらい、その後は業者が売却するなり賃貸するなりを行います。仲介よりも高くならないですが、即時売却も可能なので、すぐにお金が必要な時に使えます。

まとめ

不動産売却では、まずは相場を知ります。ネットなら、自宅から離れているところも相場情報も知ることができます。業者に対して仲介してもらうか買取してもらうかを依頼します。価格が重要なら仲介してもらうことになります。

比較ページへのリンク画像